« 続「きものを仕立て直す」仕事の流れ。 | トップページ | 「ドスペ!」 »

2005/01/14

お魚をさばく(1/14)。

お魚をさばく日である。

050114-1税込み¥1、975の箱の中味は 丸アジ2尾・活けジメのツバス、そしてウマズ(ヅ)ラハゲ2尾。アジとツバスはお馴染みの顔ぶれだが、さばく腕前の方はなかなか上がらず、その分 要領だけは良くなっていくようである。

050114-2例えば今日の夕飯に登場した ツバスの刺身とウマズラハゲのから揚げ。
ツバスの三枚おろしは躊躇せずに一気に包丁を入れる。中骨に残る「身」にとらわれていては 全体に身がくずれてしまう。また、あまり「もったいない」とは考えないで形の整った柵をとる。アラ(といっても身のかけら)はお味噌汁にすれば善い。
ウマズラハゲは初めて手がけるのだが、ハゲ仲間(ウチワハゲ)を思い出して料理にかかった。が、さすが馬面(うまづら)である。口だけを切り落としても皮がひきにくく、ケンのあたりまではとても骨ばっており、三枚におろすにも 構造を理解していないために 試行錯誤し通しであった。こういう場合の切り身は 一口サイズにすれば格好がつくようである。

今回も家族には大好評であった。特にウマズラハゲのから揚げは 珍しさも手伝ってか 絶賛をあびていた。


ところで、明日は小豆粥の日である。
今から小豆を茹でる。

|

« 続「きものを仕立て直す」仕事の流れ。 | トップページ | 「ドスペ!」 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

おいしそうですね。魚を上手にさばける方って、それだけでなんだが尊敬してしまいます。

投稿: ぽうせ | 2005/01/15 17:56

まったくです。
本当は「釣りが趣味のお父さん」っていうのが私の願いなんですが、残念ながらオットはインドア派でした。

投稿: 白生地や | 2005/01/16 18:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/2573351

この記事へのトラックバック一覧です: お魚をさばく(1/14)。:

« 続「きものを仕立て直す」仕事の流れ。 | トップページ | 「ドスペ!」 »