« ボジョレー・ヌーボー・2004年. | トップページ | 徳間書店からのプレゼント。 »

2004/11/19

後部硝子体剥離(こうぶしょうしたいはくり)。

二週間ほど前、突然視野に異変を感じた。
「もしや脳梗塞か」と恐れるも、症状は数時間で消えた。

そして昨日昼過ぎ。
突然、対象物の中心部分が見えなくなり、
重篤な緑内障を疑ってしまった。

そして今朝眼科で検査を受けてきた結果、
タイトルにあるような後部硝子体剥離という診断が下された。

普通は飛蚊症がその主な症状らしいが、たまにアメーバーや雲がすみのようなものが見えることがあるらしい。

痛くもかゆくもなく、ただ視界が悪くなるだけなのだが、原因は老化であるから避けようがない。

生活は今までどおり普通に過ごしてよいらしく、ただ、今後視界にいろんなモノが現れる可能性は大きいらしい。

いやだなぁ、アメーバーたち。
あんまりそんなもの、見たくない…。

一部解説では慣れれば大丈夫なんていうくだりも目にした。
ただ頻度が多くなったり複合的にモノが見えてきたときには再検査ということである。

脳の異変でなくて良かった、というところか。
自覚の仕方を参考まで。

|

« ボジョレー・ヌーボー・2004年. | トップページ | 徳間書店からのプレゼント。 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/2005527

この記事へのトラックバック一覧です: 後部硝子体剥離(こうぶしょうしたいはくり)。:

« ボジョレー・ヌーボー・2004年. | トップページ | 徳間書店からのプレゼント。 »