« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004/10/28

満月。

ふと空を見た。
すでに位置は高く、でも、すっきりと満月。

041028.JPG

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「新潟県中越地震」被災者支援チャリティーコンテンツ

京都は宮津や舞鶴でも台風23号のあおりで住むところを失った人々も居る。
ココログでできることをココログで。

no2.gif

大ショック!
カードを持たない会員は@payの利用ができない。

直接します

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/10/27

寒いです。

風邪をひいてしまった。
京都・今朝の気温は10度ほどであったが、
かなり寒く感じた。

新潟地方ではまた地震があったという。
長岡市に住む友人家族には昨夜連絡がつき、
買い物もできる生活を、地震前と大差なく過ごせているという。

家屋が倒壊した人々は、
これから厳しくなる寒さの中での日々に、
心が痛む。

個人レベルで微力だが、支援していきたい。

しかしどうしてこう、大規模な地震災害は
寒い季節に起こるのだろう…。
辛いではないか…。

でも行方不明だった母子3人が救助されて良かった。
命、つながれ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/10/24

Squeak(スクイーク)!

スクイークの名をはじめて耳にしたのは確か4年ほどまえ。

専門的なことは何も知らないが、この度「専門知識は不要」との案内を見て、小学校での子どもたちのサポーター活動に参加すべく説明会に行ってきた。

・Squeakでめざすもの
変化する「情報化社会」に対応できる人材を育成する。
ソフトウェアの基本的な概念、システムを構築する際の発想法を習得する。

また、

・「Squeak」って何ですか?
「Squeak」は子どもたちにとって、魔法のソフトウェアです。(…後略)
京都市教育ネットワークwebページより)

など見ると、小学生と一緒に見てみたい気持ちが抑えられない。

041023.JPGこの日のSqueak初体験は30分足らずであったが、早速家でもインストールしてひと通り復習などやってみた。実習したSqueak(Ver.6)、Windowsでは今のところXPとの相性が最も良いらしい。

またまた悪い癖が出てしまったような…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/23

新潟中越地震。

ニュースを見て、頻繁に起こる地震に不安が募る。
私にも大切な友人が二人、新潟市と長岡市に居る。

被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。
そして何より一日も早い復帰への目処が立つよう、お祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/22

時代祭り。

正午に京都御苑を出発したはずだから、今頃は烏丸通り、御池通りと行列が続いているだろう。
仕事があってはなかなか沿道まで見に行くことはできず、東向き一方通行であるここ二条通りは、車の渋滞を目の当たりにして巡行を思い浮かべる。

今朝所要で車で走ったところ、街のそこここに、裃(かみしも)すがたを見かけたり、二条通りをお馬さんが通ったりと、それはそれで十分時代祭りらしさを味わった。

しかし優雅である。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004/10/21

求ム VERY SPIDEY …。

スパイダーマンコスチューム変身ポーズコンテスト

ファンとしては、かっこいいなら是非見てみたいけれども、おそらくBABYスパイダーマンが関の山か。

前から気になっているのが VERY SPIDEY っていう表現。
何からなにまでヘンなことづくめで、トドメがこの注意書き。

※撮影場所は自由ですが、高層ビルからロープでぶら下がるシチュエーションなどの撮影は大変危険ですのでおやめください。

2004年12月3日に結果が発表される予定。
見てみたいぃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/20

鹿の子絞りの糸解き。

041020.JPG

草木染め作家さんよりお預かりした、鹿の子絞りの帯揚げ。
絞りやさんに解(ほど)き方をお尋ねして糸解きをしてみた。

041020-1-thumb.JPG赤・黄ともにきっちりと配されたしぼは、大きさもそろっており、絞り糸がしっかりとくくられており、しぼの高い良いお品物。くくられた糸ではなく、生地を引っ張る作業を慎重に進めるが、遅々として進まない…。ここはやはり、解きやさんにお願いすることにした。

しかし白生地やが承る仕事にもいろいろあるものだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/10/19

川島隆太氏の本。

講演のあと、氏の著書を読みたいと思い、クリックした翌日に届いたのがこの二冊である。

kawashima-1.jpgkawashima-2.jpg

無知もはなはだしいが、氏については『脳を鍛える大人の**ドリル』の著者という認識しかなかった。

十年ほど前、自分探しのような気分で、発想の転換や拡がりを期待して、朝日選書(#300・#351)やPHP文庫『0歳児の驚異』などに目を通した。確かにいろいろな知識や満足感は得られたが、「脳」と「こころ」を引き寄せるには至らなかった。

それらに比べこの本は、脳の構造に照らし合わせてその働きが解明され、子どもたちにも理解できるレベルにまで、分りやすく やさしい言葉で解説されていることに驚く。行動・動機・思考の全てが脳の働きとして具体的に示される。
また、読者への語りかけには 氏の今を生きる子どもたちに対する、ある種友情をもった視線を感じずにはいられない。

近頃にめずらしく、今、義務教育を受けている小さな人たちが 「何のために勉強するのかな」 なんて思いを抱きながら将来を含めた生き方を考える上で、今の自分たちに夢を感じさせることのできる本ではないだろうかと思った。

以前、『13歳のハローワーク』をめくった時にはそこに現実はあれど、夢の延長線上にある将来像というものが感じられなかったことを残念に思っていたものだ。
ぜひ、子どもたちに読んで欲しい。

いや、誰にとっても、脳への刺激でもってモチベーションさえも上るということ、やる気のでないときの処方箋に書き加えても良いかもしれない。

_________________

ちょっと疲れているらしい>自分。
あとで読み返さねば…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/17

川島隆太氏の講演。

氏は東北大学で、高い知能を有する人類に限って発達が認められる脳の一部、前頭葉の3割を占める前頭前野領域に注目し、脳機能の発達過程を解明すべく、研究を深められているようである。

脳のハナシは好きである。
十年ほど前には、誰でもその脳のほとんどの領域が未使用だときいた。
その説が未だに通っているのなら、実にもったいない。
今より少しでも多くの脳組織にシナプスをはりめぐらせることができるのなら、このわたしにもまだまだ可能性が残っているような錯覚をおぼえる。
まさに「夢の脳開発」にまで思いが飛躍してしまう愚かな自分がいる。

大体20歳くらいが脳活性のピークだったと思うが、それ以降は前頭前野にも老化(機能低下)が進み、更なる加齢と共に涙もろくなったり怒りやすくなったりするという。現に、前日の夜に「Brother Bear」のDVDを観て泣いていた自分に感情抑制力の低下を認め、苦笑する次第である。

前頭前野に刺激を与えるべく単純計算や音読を 15分/日 くらいのペースで続けたい、なんて思ってしまう。

講演のあと、ひとつ確認したいことがあった。
氏の用いていたブレインイメージ(磁気共鳴装置で捕らえた脳の3次元であろうイメージ)には、その部位(はたらいている脳の一部)の血流量を青色(小)→赤色(大)で示されていた。
例えば計算力日本一のヒトと普通のヒトが同じ計算問題を解く時のブレインイメージを見たとき、おそらく赤色の示す血流量の絶対値は異なるのではないかということである。

アインシュタインの脳の重さが何gであったか覚えていないが、脳の重いヒトの方が、当然血流量も多くなるだろう。
脳の重さが一体何なのかよく分らないが、肩こりの少ない私には「夢の脳開発」はやはり夢でしかないのであろうか。

ま、いまさら脳ミソの質を上げたとしても、この先の人生が実り豊かなものになるかは大きなギモンである…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/10/16

Windows XP SP2の適用。

Fujitsu や Microsoft の初心者宛てのアナウンスやトラブル集、および FAQ、『パソコンの安全対策 CD-ROM』という pdf ファイルを見て、13日のXPにパッチさえあてればモンダイが無いように感じたので、Windows UpdateによってSP2適用作業をした。

2時20分から始めて2時50分には新システムによって再起動した。
Windows ファイアウォールは無効にして、ウィルス対策ソフト(ウィルスバスター2004)に任せることにした。

networker.gif

今のところローカルエリアネットワーク接続のアイコンに!マークが表示されているが、これには対応策が公開されているので非表示指示をすればモンダイはない。

さて、Windows XP SP2の適用は吉と出るか凶と出るか、しばらくはスリリングな日が過ごせる。

セキュリティ強化機能を搭載といううたい文句のSP2。
本当はウィルスの脅威にさらされがちな初心者にこそ必要なシステムなのではないのだろうか。
初心者PCには、かえって適用されやすいのかも知れない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004/10/15

ふうせんヘリコプター。

おもしろいものを手に入れた。

041015-1.JPG

なまえに「ふうせん」と付くだけで察しがつく。
案の定 鳴り物だったので少し迷ったが、組み立ててみた。

0410151-2.JPG

動画でないのが残念だが、ゴムふうせんを膨らませた状態にて地面で離すと、
プロペラは廻り、鳴り物は高いほうの「シ」の音にてプー。
そして天井まで急上昇。
一気に飛び立ち、ふうせんがしぼむまでプロペラで天井をこすり続ける。

羽には付け根から先まで細く通気口が配され、
ふうせんから出る勢いのある空気がジョイント部分で分散され、
各羽先より噴射され、回転する仕組みである。

分りやすくて楽しい。

…ふうせんを膨らませるのが実はコワイのが難点。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/14

葦戸(よしど)のお手入れ。

京都・今朝の最低気温は11℃であったとか。
肌寒さを感じてやっと、ぼちぼち夏物を片付けはじめる。

今日は店の座布団を、麻地から紬地のものに替えた。
あぁ、そうだ、扇風機を三台掃除した。
そして、離れの葦戸を片付けるべく、手入れする。


041014.JPG

(洗い場で)お水をざざっと掛け、たわしでやさしく汚れを落したあとに、酢水をぜんたいにふりまく。
年数を経るほどにツヤが出るという。

あとは乾くのを待って、布袋に入れて収納する。
お目にかかるのは、また来年…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows Updateの実行…。

富士通から恐ろしいアナウンスを受けた。

マイクロソフト社よりWindowsのセキュリティ上の脆弱性に関する情報が公開されました。 以下の情報をご確認の上、至急Windows Update/Office アップデートの実施をお願いいたします。

Windows XP Service Pack 2 を適用した環境にて、自動更新でインストールする場合に、パソコンを終了できないトラブルが発生しております。 (2004年10月13日)

1.脆弱性の概要
--- 中略 ---

新たに確認された脆弱性を解決します。ユーザーが管理者特権でログオンした場合、攻撃者がこの脆弱性を悪用し、影響を受けるコンピュータの完全制御を取得する可能性があります。

私にもバルーンメッセージが届くようになって、いずれSP2を導入するべく、バックアップ作業を含めて自分のシステムに合った情報をチェックし、準備に入ろうとしているところである。

ところがSP2を適用する前に、Windows XPにパッチを当てなければとても恐ろしいことになるらしい。

Windows Updateの実行手順はこちら (XPの場合Windows Updateを実行するとService Pack 2が適用される可能性があります。SP2の適用を見送られる場合はWindows Updateのカスタムインストールを選択して更新プログラムを適用してください。)

はぁ、そうします
すぐ、します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/13

『沖縄・知花花織展』

京都・百万遍、西の思文閣(しぶんかく)美術館にて『沖縄・知花花織展』が開催中である。

041011-1.JPG

綿花より紡がれた綿糸と、バナナの葉より作られる芭蕉の糸、そしてウールを組み合わせた、柄織りの技法によるものである。
私達でいう日常のきものとはまた違った着こなしが興味深い。
温暖化と共に、こういった暑い地域に受け継がれる古来のきもの文化も、要チェックだと思う。

041011-2.JPG美術館受付に「京都きものパスポート2004年秋版」を見つけた。

ご利用は
パソコン 
i-mode
vodafone
EZ-web でもどうぞ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/12

焼き芋。

寺町二条の川越芋で焼き芋を買った。

041012-1.JPG041012-2.JPG

あつあつを包んでくれて、
あまうまぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/10

今が最盛期?

041010.JPG十月も半ばになり、「とり市」をのぞくと、籠入りの丹波産まつたけが店先をにぎわせていた。そろそろ最盛期だというので、大切な友人に京都からの季節のたよりとして送りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/09

秋休み。

いまどきの小学校は二期制なのである。
今日から秋休みなので
子どもの通知簿などを昨日受け取った。

一年生なので、あさがおの観察記録があった。

「あさがおニュース」欄に
『あさがおのはなのいろが、いろいろあるのはなんでかしってる?
おんどによってかわるんだよ。』
と、つたない字で書いてあった。

あじさいのように土のPH(ペーハー)によるものだと思っていたが、
一つの茎から出た異なる色の花がそれを否定していたし、
不思議には思っていたが、知らなかった。

こうして子どもたちは、古い人間を越えていくのだろうか。
私たち、秋休みなんか無かったし。

___________________

は?く*んで習った友達から聞いたの?
ポプ*ディア?

先生から教わったではないの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/08

お魚をさばく(10/8)。

鮮魚ボックスの日。

041008-1.JPG今回は包丁のお手入れも準備万端。どんな魚でもさばくから!と、白生地やの必須アイテムである裁ち鋏をお世話頂いている「重春」で砥いでもらっておいた。


さて、今日のお魚たち。

041008-2.JPG

ゴマサバ・ツバス・サゴシ2尾・スルメイカ2杯。
意気込んでいたものの、
今回は「お刺身用」との記載がなく、
魚は全て3枚におろしてイカはさっと薄味で煮て、
今夜のおかずはサゴシ一尾をムニエルで戴いた。
ちょっと残念なメニュー。

切り身にするだけなので、短時間で処理できた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/06

疲れたときに見るサイト。

まいにち、
仕事や家事でいそがしいことは、
ありがたいことである。

でも
たまったなぁ…って感じたときは、
せめて、ここで、トリップしてみる。

「リゾートのサイト」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/04

一件落着。

『秋の全国交通安全運動』の件がやっと終わった。

車の持ち主である会社と(私の)事故相手との間でハナシに食い違いが生じてしまったが、事故状況は私の説明通りであったことを相手にも確認できた、との保険会社の報告を受けた。


なんて茶番な十日間だったんだろう。
しかしこの程度でよかったのかも知れない。


願わくば、自分の車体感覚を持った状態でなければ運転しないでもらいたい。自信を捨てて、止まる勇気を持って欲しいものだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/10/03

「トゥー・ブラザーズ」

とにかく2頭の子どもが可愛かった。

芸達者な多くのトラをトレーナー付きで起用したこともあって、
感情豊かなトラ一家の様子が愛らしく描かれていた。
それだけに、猛獣とそこに生きる人間との確執を描くことによって、ヒトと野生動物との共生の難しさが浮上する。

この映画は1920年代のカンボジアが舞台である。
フランスの領地であったインドシナというものの一面を用いて描かれたメッセージは、奥深くもあり、観る側に幅を持たせた物語であるように感じ、言葉で表現すれば何かが違ってしまうようだ。

単に語彙力に乏しいだけなんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/02

トゥレ・ドゥーのシュークリーム。

041002.JPG

今日のおやつはこのシュークリーム(¥200)と
シャンピニオンという名のマロンのムース(¥380)。

朝日新聞のおやつコラムを見たときからの期待もあって、
写真に残す間もなく、戴いてしまった。
ほんのりとマロンの薫りがステキだった。

シュークリームは
控えめな甘さのカスタードと、
ドイツの焼き菓子のようなさくさくとしたシューが絶妙。
トップのホイップクリームが濃厚で、
昔ウィーンで戴いたウインナーコーヒーのクリームを思い出した。

新町三条のお店である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/01

『Hero』のオリーブ、アンチョビ入り。

041001.JPG

さすがに今は車の運転が嫌である。
しかし、家の用事で車なしではすまされない。

今日も朝からどんより気分。


こんなことではいけない!と、朝食に登場したのがこのアンチョビ入りのオリーブ。
塩加減といい、アンチョビの食感・オリーブの歯応えが、とても気に入っている。
バターをぬったフランスパンと、スクランブルエッグに添えて食べると、最高の朝ごはんとなる。

どんより気分にはやはり、食べるか寝るか、でしょう!
明日も食べよ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »