« 今朝のSPIDER…。 | トップページ | 清涼飲料水タブレット。 »

2004/07/06

白生地の裁ち方。

家紋と名前を染め抜いて入れる正絹の風呂敷。
お誂えのご注文を承る。
うちでのお取り扱いは、
白山紬とちりめんの風呂敷が主である。

生地を、風呂敷の寸法に裁とうという時、
別件にて、ご趣味の染色用として持ち帰られる
ちりめんの生地を、即刻十枚裁つことになった。


白山紬とちりめんでは裁ち方が異なる。


疋単位で巻かれた状態の白生地は、
風呂敷用の白山紬なら、あらかじめ八枚ごとに
墨打ち(糸印をつけること)を、しておく。

端から一つ目の印まで、
半分に畳んだ、折り目のところまでが四枚分。
そのまた半分が二枚分。
と半分畳みを繰り返して一枚分の裁ち目を定める。
その裁ち目に、少し鋏を入れ、糸を引いた筋道に従って鋏を進める。

040706-1.JPG
画像では、真ん中辺りに走った一本の影が、筋道である。


ちりめんは、巾によっては用途が多く、墨打ちをしていないものもある。
用途に応じた寸法を、差しで実測して裁ち目を定める。

糸を引いても『しぼ』の高いちりめんの筋道は見え難い。
だから、糸目(の畝)を見て鋏を進める。

040706-2.JPG
ちりめん、糸目の画像。手前がピンポケだが、
上端の糸目が見えるように生地を斜めに撮った。

そしてどうやら私の鋏は遅いらしく、横から助け舟が出た。
さすがに速い(なんと五倍速!)。
「しぼ」の高さが鋏を進めるという。

まだまだ何事も積み重ねだと思った。

|

« 今朝のSPIDER…。 | トップページ | 清涼飲料水タブレット。 »

「お仕事なこと。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/910393

この記事へのトラックバック一覧です: 白生地の裁ち方。:

« 今朝のSPIDER…。 | トップページ | 清涼飲料水タブレット。 »