« 『四件の墨打ち』終える。 | トップページ | 父の日のビール。 »

2004/06/17

大絣のきものを解く。

手織りと思われる大絣のきもの…。
洗いハリのために仕立てを解いている。
その目の粗さゆえに、
しっかり縫いこまれた糸目を解く手が
とても慎重になる…。


「白生地や」は
裏方のそのまた裏方なので
雑誌の紙面を飾る
お品物のお手伝いをさせていただいたり、
歌舞伎役者の奥様がみえて
ご主人様の半襟を少し多めにご購入いただいたり、
山田洋二監督の映画のために
超有名女形役者の洋服地として
ネクタイ地をご購入いただいたり。

それでも店の知名度は上らない。

でも、最近やっと気づいたのは、
大正生まれの義父の時代にもずっとここにある、
口コミの確かさ。


この大絣のきものが紙面を飾る頃、
私は何に取り掛かっているのだろう。

|

« 『四件の墨打ち』終える。 | トップページ | 父の日のビール。 »

「お仕事なこと。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/788489

この記事へのトラックバック一覧です: 大絣のきものを解く。:

« 『四件の墨打ち』終える。 | トップページ | 父の日のビール。 »