« ホーンテッドマンションを観る。 | トップページ | 大失敗する。 »

2004/05/06

気付く。

個人商店の、
店を手伝い始めて2年目になるが、
今になってやっとひとつ
つかめたものがある。

研修もマニュアルも何も無く、
思いつくままに一年。
そして今更に
やっと気づいたこと。

『ウチのやり方。
それはすなわち父(義父)そのものである。』

|

« ホーンテッドマンションを観る。 | トップページ | 大失敗する。 »

「お仕事なこと。」カテゴリの記事

コメント

お父さんそのものがマニュアルだったわけね。

投稿: たむ | 2004/05/14 13:50

個人商店として看板を受け継ぐのは
簡単だけれども
人の生き様ごと受け継ぐのは
そう簡単ではないということです。

嫁という立場だからこそ見えてくる
オットと義父の違いに気づき始めました。

義父というマニュアルに基づいて、
オットと私の感性でどう築いてゆくのか。
実は楽しみな反面、先読みができない不安も
つきまとうわけです。


投稿: 白生地や | 2004/05/14 19:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/552027

この記事へのトラックバック一覧です: 気付く。:

« ホーンテッドマンションを観る。 | トップページ | 大失敗する。 »