« ひょっこり再会。 | トップページ | お雛さま -其の壱- »

2004/03/01

ハト

毎年この時期、辺りが春めいてくると、「つがい」でやってくるヤマバトたち。うちのベランダに巣をかけようとやってきては、それを妨害する私達との攻防戦が繰り広げられる。呼吸器系が丈夫でなかったりアレルギーに悩む私達家族にとって、やはりハトなどの鳥類との接触は避けなければならないのだ。

さて、庭の梅の花がほころび福寿草がつぼみを付け始めた頃、ことしも姿を見せたハトたちだが、なんと京都で発生した大規模な高病原性鳥インフルエンザのニュースを聞いたあと、しばらく姿を見せなかった。『鳥インフルエンザとは鳥類のカゼで、感染すると神経症状首曲がりなどの神経系異常、咳などの呼吸器系への異常、そして下痢などの消化器異常をみる。』なんて具体的に耳にすると、単純な私などは、野生のハトなども感染するのだろうか、なんてその蔓延ぶりに思いを巡らせてしまった。

しかしそんな心配は無用で、今朝にはいつものハトが二羽、また今日に限っては枝を数本ベランダに掛け始めているところに遭遇。キミたちが恐ろしい感染病に冒されるのも困りモノだけれども、やはり営巣活動だけは止めてほしい!

|

« ひょっこり再会。 | トップページ | お雛さま -其の壱- »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/249819

この記事へのトラックバック一覧です: ハト:

« ひょっこり再会。 | トップページ | お雛さま -其の壱- »