« 白碗竹快樓にいきます。 | トップページ | おけら参り(写真) »

2004/01/01

おけら参り

あけましておめでとうございます。今年こそ一日二十四時間を有効に使うべく効率の良いはたらきを実践したいものです。さて、私こと白生地や、大晦日の夜からきものを着て祇園界隈にて過ごしました。やはり白椀竹快楼・ふかひれ姿煮はまったりと心地よく美味しく食することができ至福の時を過ごしたのでありました。帯で締めたお腹でもすんなりと納まったのでありました。また来るからねぇ、とつぶやきつつ店を出ると雨もすっかり止んでおり、きもの姿でのおけら参りも快適なものとなりました。おけらとは写真にあるように八坂さんの境内のたいまつのことでしょうか。その火から荒縄に移し取った火種を使って起こした火で新年のお雑煮などを作って無病息災や厄払いなどを祈願して家族で頂くのです。私はさっそく持ち帰った火種をむりやりガスに移したようにして年越しそばを頂いたのでした。久々のおけら参りはまだまだ早い時間だったけれど、十分楽しかったのです。荒縄は一メートルはあったでしょうか。「おけら」の横で売られているものを購入しましたが七百円でした。火種はとても長持ちしたので使ったあとは火の用心のため、消しました。雰囲気に酔ってしまって本殿にお参りしたときには願い事をするのをすっかり忘れてしまってました。私の2004年の幕開けです。

|

« 白碗竹快樓にいきます。 | トップページ | おけら参り(写真) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/66200

この記事へのトラックバック一覧です: おけら参り:

« 白碗竹快樓にいきます。 | トップページ | おけら参り(写真) »