« 2003年12月 | トップページ | 2004年2月 »

2004/01/30

ウィルスメール。。

一昨日から一通ずつだったまともなメールらしき、ウィルスメールが、今日から四通と一気に増えた。
私のような一個人にまでこんなにメールが来るということはネット上をかなりのウィルスメールが行き交っているのだろう。なんだかぞぅっとする。

ウィルスメールの警告アナウンス通りの件名に「Hi」や「Hello」やら「TEST」もあったかな。とにかく私のトモダチに、そんな洒落た(?)件名を使う人がいるはずもなく、ずばずば迷わず削除できることが幸いである。

しかしいつまで続くのだろう。クリップファイルを送るときはあらかじめ「クリップファイルを別便で送るよ」メールが必要になってくるなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/01/28

カドケシ

kadokeshi.jpg

これはカドケシ。細かい部分を消すためのに重点を置いた逸品、2002年の物か。カドが全部で28個ある消しゴム。

オットが見つけたからといって子供と私用に入手してきてくれたらしい。ブロックを組上げたような立方体と空間の織り成す造形美にうっとり、といった感じ。。。ちょっとユニークな¥150。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

STUDIO MX 2004 始め。

タイトルは大きいが、内容が濃すぎてめまいがしそう。「小さなことから一歩ずつ」で、どこまで使いこなせるか。
昨年入手したこのmacromedia社のパッケージソフトだがやっと開封するまでにこぎつけた。とりあえず一つの仕事が日限までにできたことは良しとして、次の目標がこれ、Dreamweaver MX 2004 をある程度使えるようになること。全くの独学でHP運営をしている厚かましさと、いつまでたってもハンパな仕事しかできていない自分が恥ずかしいので、まともなHP作りを目指したいのである。
本当はデジカメの腕を上げるだけでも違うはずなのだが、それはまたの機会(オットに期待<でも秘密)に置いておく。

さて、事始めに何をするか。まずはオンラインユーザー登録。これをしなければ使ってはいけない。本当は無料お試し30日間、というのがあるのだが、私の場合それは無視。買うと決めれば買うのだ。そして買って使う。FMV SIV207でオンライン登録をして、昨年冬に買った、未だオフライン状態のFMV L70E に STUDIO MX 2004 をインストールした。Dreamweaver MX 2004,Flash MX 2004,Free Hand MXa,Fireworks MX 2004 他。この中で私が使いたいのは当面二つなんだけれど、楽しみながら身に付けて行くために、とりあえず今公開しているHPを検証する形で進めていきたい。と、やはりオフラインでは認証ができず30日間のお試し扱いになる。ん~、明日電話をして手続きしなければ。ま、ぼちぼちやっていこう。

ところで宝のもちぐされになってはもったいなくて、実はFlash は中学生の長女が学校で使っているのだ。彼女は「面白いよ、アニメが作れるし教えてあげるよ」などと、いとも簡単に言ってのけてるが、ほんまかいな。。。ま、アニメはしばらく彼女にお預けするとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/01/26

風邪あるいはインフルエンザ?

ことの発端は昨日。こどもの作品が展示されているとかで午後より京都市美術館に行き、その足で北野神社の初天神さんに、遅まきながら昨春の中学受験のお礼参りに行った。帰りに前田のベビーカステラを千円分買ってすきっ腹に嬉々として食べた。と、ん?おかしい。。。とにかく家族には夕食用にほっけを焼き、にんじん葉とほうれん草のごま和えと汁物一品作って、あとは常備菜にたいておいたこいもとひじきもあるし、とここまで一気にやって自分はカーペットにノックダウン。今から思えばなんだったのか、それからもどすもどす。極度の胃下垂なのにその深い場所に位置する胃からすべてが出てしまうまでかなり時間がかかり、最後は夜中まで。眠っていても飛び起きるものだ。もどしすぎからか今朝は腰が立たず昼ごろようやく這い上がったものの、食欲ゼロでそこにきてこの頭痛。こういうときってコーヒー飲めないし。。。そこへ中学校から電話。37度7分の熱で帰宅させますって、インフルエンザなら報告書を提出って、この子の風邪がインフルエンザでないことを祈るしかない!私の身体が今、弱っている上に家族で私だけが予防接種を受けていないのだ。今までインフルエンザに罹ったことがないので安心しきっていたよ。かみさま。。まったく今日はなんて誕生日なんだろう。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/01/24

本家リニューアル。。。

やっと「白生地や」本家のリニューアル版がアップできそうだ。長かったなぁ。昨年の一月二十七日に公開始めた白生地屋のHP。このアップが済めばとりあえずDreamweaverMX 2004 の勉強を始めるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/01/23

ココログing.

私はココログを始めてまだ一と月なんだけれど、早くも心の拠り所となってしまっている。白生地やのHPを運営しているんだけれど主婦なので、その更新作業はどうしても家族の寝静まった夜中になってしまう。試行錯誤を繰り返し疲れてしまうときは私の人リストにアップした皆さんのココログを巡回したり新着記事をふらぁ~と見て回るだけでも心がほぐれてなんとも具合がよくなる。こんなわたしの今のココログingである。たのしい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大寒波。。。

昨日今日と家の前に置かれている消火活動用バケツに氷がはったまま。昨冬は一度もなかったのに今のこの寒さは久しぶりだ。自転車で走ると耳が痛い感覚、懐かしいなんて言ってられないほど辛い。でもここら近所では自転車は移動手段として欠かせない。きばらなあかんなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

瀕脈

私には不整脈の一つ、瀕脈が確認された時期がある。産科で強く勧められて内科で検査をした結果、24時間のホルター心電図では安静時に1分間に10回以上の二段脈が記録されたが、トレッドミルによる運動負荷時には不整脈は消えていた。つまり血液の粘度が高いために安静時にだけ現れた不整脈という結果になり、血液検査ではその原因が出なかったので、水分を多い目に取るように、とのことだった。バリウム検査の結果、医師に呆れられるほど極度の胃下垂である私は例にもれずやせ型で、一度に多量の水分を取ると腹痛が起こり、却って体内の水分を余計に外に排出してしまうことになる。「胃下垂」と「お腹が弱い」関係を一度知りたいのだけれど真剣に調べたこともない。そんなことがあって、無理なく水分を取る方法として私は一日に何杯ものコーヒーを飲むことにした。その後瀕脈の自覚症状はないがこの時期になると、一年に一度くらいは検査をして経過を見るようにいわれていたのを思い出す。今は丸一日コーヒーを飲まずに居ると頭痛に悩まされるようになってしまったが、自分で節目を決めて検査しておいた方がいいかもしれないと思っている。ま、来年くらいかなぁ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004/01/20

わはは。。。(笑

岩魚の心さんのところに寄ったら
>子供の頃、「靴ヒモほどけてるよ。」と友人に教えて、下を向いた友人の顔に下からチョップするような遊びしなかった?(しなかったの。あぁ、年代が違うかもしれませんね。すまんね、おっさんで......)//

やりましたとも!
それで思い出したのが指を立てて前を向いている人の肩をたたいて振り向かせざまにほっぺにぐっ・・・ていうのもやりました。月曜日の朝礼のときに前の子に技をかけて、先生に怒られました。

ところで靴ひもがほどけないようにアシックスのサイトですが、これは嬉しい情報です。子供の靴がオトナサイズになり靴ひもタイプになると、解けているとつい(手は出さず)口を出してしまうので早速実践させていただきます。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/01/19

男脳度と女脳度

数年前ベストセラーになった「話を聞かない男、地図の読めない女」(アラン・ビーン、バーバラ・ビーン夫妻の共著)に記されていた、個性を形造っている男脳度・女脳度という一つの指標について親しいトモダチに誘われて自分をチェックしたことがあった。男性より大きな、脳梁(?)という左右の脳を接続している部分がなせる技によって、女性は思考・行動共、常に左右両方の脳を使って生活しているという話である。そして私はその時の男脳度+2という結果を笑いながら、ここ数年なんとなく短絡的な自分というものを意識的に改めようと努めつつ、そろそろそんなことに拘っている自分が可笑しく感じてきたこの頃だったのだが、一昨日、夜8時からの毎○放送の番組に同じテーマで軽くチェックをしたその結果・・・男脳度+2。女脳度+1だった夫となんだかいやぁな気分がまだ私から抜けない。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2004/01/18

初笑い親子狂言会。

茂山狂言による恒例、初笑いおやこ狂言を鑑賞した。昨年、烏丸一条より一ブロック南の場所に移転を果たした金剛能楽堂において初めての会であった。
演目は、午前の部/蚊相撲・附子・蝸牛、午後の部/千鳥・飛越・末広がり 、であり、私達は「日本語であそぼ」でもおなじみの蝸牛を含む午前の部を楽しんだ。開場の十五分ほど前にはすでに長蛇の列ができていた。入場後、御簾席という「御簾の掛った四人掛けのベンチ状ソファーと椅子八脚をしつらえた空間が仕切ってある席」の前に出されていた補助席のうち、舞台正面の場所に座ることができた。三間四方(十八畳)の舞台背景である奈良の影向(ようごう)の松が描かれた鏡板は、百年以上受け継がれてきた重みを十分に味わえる物であった。

さて、三演目のなかで唯一面(おもて)を用いた蚊相撲だけが今回初めての鑑賞となった。大名(豪族)の言い付けでおかかえの相撲取りを「上下の街道(都へ通じる大街道)」でハントした太郎冠者は、蚊の精がなりすました男を誤って屋敷に連れて帰る。大喜びの大名がお白州での取り組みを一番申し出る。ここぞとばかりに蚊の精は大名に長いくちばしを突き立て血を吸い、目を回したことでその正体に気付いた大名と太郎冠者は蚊の嫌う風を扇で送りながら蚊を捕らえ、くちばしを抜き、投げ飛ばすといった筋である。
蚊の精に使用された面は「うそふき」といい、口笛を吹くという意味の名前の通り、ひげの生えた口をとがらせ、ほほを膨らませた造りであるらしい。劇中白い紙でできた一尺ほどの「こより」をくちばしに見立てて血を吸う瞬間を表現していたのも分かりやすくて面白かった。

附子はこれまでにも幾度となく鑑賞しており、なじみな一題。蝸牛では「日本語であそぼ」で聴きなれた囃子がとても愉快なシチュエーションで使われていることを知った。
かたつむりを見たこともない太郎冠者が祖父(おおじ)の長寿薬として探してくるよう主人にいいつかって竹薮に向かう。伝えられたかたつむりの姿が「黒い頭、腰に貝殻、たまに角を出し、人ほどの大きさのものも居る」というものだったので、竹薮で爆睡する山伏に「もしや、あなたは蝸牛ではないか?一緒に来て欲しい。」と声をかける。眠りを妨げられた山伏は気分を害しながらも、太郎冠者の間違いに「なんとあほな太郎冠者」と言いつつしばらく楽しんでやろうとからかいに出る。「蝸牛は囃子物がないと動かない」と言って太郎冠者に謡わせるのが「雨も風も吹かぬに、出ざ釜うち割ろう」で、「でんでんむしむし」は山伏の合いの手の囃子であった。二人が囃子物に浮かれているところにやってきた主人が太郎冠者を叱るが、ついには巻き込まれて三人とも浮かれ続けて退場するというもの。とても愉快だった。今思い出しても笑ってしまう。

連れていった幼児には場面ごとの解説が必要だったので私も鑑賞にばかり身を入れてはいられなかったが舞台は始終笑い声に包まれていた。あぁ、たのしかった・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「トラックバック」の効用。

きのうの出来事さんによる白生地やの「SHA1はココログでは起用されていないのでしょうか。」に頂いたトラックバックlivedoor Blog見聞録、拝見しました。私のココログ暦はまだひと月にも満たないのですが、nifty暦は長く「平和な仲良しコミュニティのニフティ文化」の申し子というものでしょうか。@niftyではほぼROMメンバーでしたが、質問に対して教える立場の人々の節度をもった暖かい対応はすべて公開されており記録も残され、それはネット上でのマナー教育にもなっていたようにも感じ、不安げな初心者にも十分楽しめるネット生活を提供してくれました。ココログにおけるトラックバックにもそのような効用があるのではないかと感じて、今後の展開を期待するFOAFの分からないことをトラックバックで投げかけた次第です。結果はやはり、安心のできる回答をたくさん頂いてとても満足できました。きのうの出来事さんにも度々お世話になって感謝しております。FOAFはまだまだ今後に期待するものであって決して悪者にはなってもらっては困るわけで、それにはやはり私も含めてブロガー一人一人が節度を持った行動をとらなければいけないと思います。ま、それが無理なことになってきているということなのでしょうか。
不具合なシステムは改良すべきでしょうが、それとは別にトラックバックで喧嘩を売るなんて悲しいと感じました。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2004/01/17

SHA1はココログでは起用されていないのでしょうか。

あそひをせんとやうまれけむさんにトラックバックです。
白生地やです。
今後のココログでのFOAFの楽しい利用方法の広がりに期待して、その使い方を試しているところです。そこで一つ知りたいのが、神崎氏のFOAFの説明によるとメールアドレスなど個人情報の漏洩を懸念して、SHA1:一方向ハッシュ関数にて変換したメールアドレスを取り扱うような記載がありますが、(ココログループとFOAFにおいても記事をリンクしてます)FOAFの仕様はブログ全体で統一されていないのでしょうか。それとも白生地やは基本的に大きな勘違いをしているのでしょうか。

また、ついでに自分のFOAF情報をテキストで見るにはやはりFOAF Explorerしかないのでしょうか。
教えて頂ければ嬉しいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

ココログループとFOAF。

バカぽんさんのお陰で「ココログループにお友達を入れる方法」は分りました。ココログループ 完結編参考。結局ココログループではFOAF情報の中の一部を使って関連付けて下さっているのですね。
自分のFOAF情報として名前やネット上の個人情報や写真、関心ごと、職場、仕事内容、出身学校(学歴というのかな)そして知人に関するメールアドレスなどの情報を持つようだけれども、それをどういう手法で生かされていくのか、期待したいところです。
難しい内容だけれど神崎正英氏の『メタデータによる知人ネットワークの表現』の中に「平均6人の知人を辿れば米国中の未知の人がつながってしまうというわけで・・・」という一節がありますがうーん、ココログで6人の友達を作ることができれば、ここ、京都二条新町界隈がテリトリーのわたしもココログ中の未知の人とつながってしまうのだろうか、むむむ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/01/16

ココログループに現れるのか。

夢先案内装置「夢見工房」・・・やっぱり6時間以上の睡眠時間はなかなか難しいのが現状。でもアイデアは面白いですね。でも疲れきった時の短い睡眠が悪夢に台無しにされることがあります。むしろ欲しいのは悪い夢を食べてくれるバクかも。
ところでお忙しい中、もう、遠慮もなく申し訳ないのですが、白生地やが一方的にトラックバックをはった相手も一時的にココログループに現れるようです。そのテストをしたいと思っていたところやっぱり面白い記事だったのでつい。すみません・・・。さて、白生地やのココログループにバカぽんさんは現れるでしょうか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004/01/15

FOAFのお勉強。

バカぽんさん、コメントをありがとうございます。コメントにコメントしても見てもらえないかも知れないのでトラックバックします。
今更にFOAFを知りたいと思い、まずは次の情報からチェックしてます。
きのうの出来事:『ココログビギナーが知っておきたいFOAFの基礎
そして
ココログの泉より、『5の泉 ココログに欠かせない「RSS」と「FOAF」とは?
です。そして更に
StarChartLog:『ココログのFOAFの注意点
によれば「人リスト」のうち、最初に作ったものしかFOAFの「知り合い(knows)」に入らない、ということです。この辺りをもう少しつついてみたいと思います。

「きのうの出来事」さん、「StarChartLog」さん、ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とんど正月

明日はとんど正月。お正月のお飾り物などは取り外して十四日に寺町竹屋町にある下御陵神社に納めてきたし後は明日の朝はあずき粥を頂いて2004年のお正月も無事過ごせましたということでしょうか。ところでこのお正月の間、自動車にお正月飾りを付けて走っているのをあまり見かけず、なんとなくさびしかった。
なんて言ってるような時間でもなく、朝五時半に起きなきゃならないのに毎日夜中にPCと向かい合う生活は改善しなければ・・・。とほほ。。。っていうか徹夜多いし。でも面白いし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白生地やのココログループ

あそびをせんとやうまれけむさんのサイトから拝借したココログループが白生地やにはどんなリストになっているか見てみた。・・・マイリスト全てがリストされているわけではないんだなぁ。面白そうなので、少し調べてみたい。ココログループ、みなさんはどういった活用をされるのかな。
例えばバカぽんの気ままにデンジャラスさんとはお互いにマイリストに入ってるしコメントのやりとりもしているのにココログループには入ってないし。。。バカぽんさん、お忙しそうですがお互いのココログループにリストされるようにするにはどうすれば良いのでしょうか(っていうか自分でも調べます)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004/01/13

うぅ、さぶっ!

040113.jpg
京都では昼前からえらい風が吹いて、家の外・内に関わらずごとごとがたごとと音を立てる。庭の落ち葉なんかのゴミがなんやらそこいら中に散らかされる。これが雪おこしの風。夕方からやはり北山がすっかり白くなり、みぞれが降り始めた。。。。あまりに寒いので行き着けの花屋さん(花孝:河原町荒神口)でピンクのチューリップ八本購入。 寒さには負けへんえ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/01/12

成人式 のにぎわい

京都では午前と午後、二部に催されている成人式。振り袖姿を拝見しに平安神宮まで散歩してきた。今日はとても良いお天気で明るい日差しのなか、京都会館近辺はあでやかな振り袖姿の女の子たちであふれていた。午前の部を終えて友達や家族と談笑している人、午後の部に向かう人、その誰もが笑顔で、その輝きを眺めているうちにかつての自分の成人式のことがいろいろと浮かんできた。華やいだ気持ちと撮影が上手と評判のホテルで写真を撮ってそこで待ち合わせた親友のますことタクシーで会場に向かった。あの頃はいろいろ楽しかったなぁ。しっかり者の彼女とは別にわたしは本当におっとりと何も考えていなかった。その後卒業式と謝恩会、そして彼女始め友達の結婚式などあらたまった席では必ずこの成人式と同じ総しぼりの振り袖を着た。いろんなことを思ううち、不意に涙がとめどなく溢れて困った。確実に歳をとったのだ。私にとってあの頃の笑顔は人生で最高の宝物のひとつなのだろう。ここ数年お互いに忙しくて彼女にも会ってない。今年は会えるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/01/11

京都の成人式は明日。

近年の成人式はその開催の意味を問われたり、なにやら難しい行事になってきたものである。昨夕も京都では市役所前で何やら「きものを着て京都の町を歩いて下さい。」なんて聞こえるものだから今朝新聞で見るとNHK大河ドラマ「新選組!」の出演者(菊川怜さん、照英さん)が京都市特別観光大使に任命されての観光PRのためのイベントであったらしい。そう、京都ではきものを着れば料金の割引サービスなどの特典を受けることができたりする。そんな中、かつての成人式は晴れ着として振り袖などが一般的だったのに明日などはどんな雰囲気なんだろう。一度ぶらぶらでかけてみようかなぁ。

政令指定都市で初めて,成人の日記念式典の模様をライブ中継します!

京都の成人式に関する公式サイトである。BB(ブロードバンド)だったらライブも見られるのになぁ。。。
とにかく明日成人の日をお迎えになられるみな様、お天気に恵まれられますようにお祈りするとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白生地や推薦:夜店名物@京都

040110s.jpg
ところで夜店といえばお祭りには欠かせないもので、このゑびす神社に欠かせないのがベビーカステラ。たまごたっぷりで一般の四角いカステラよりはぱさついているが、夜店で歩きながら食べるのには最も適したぱさつきなのである。彼氏とデートしながらでもお行儀よく(?)食べ歩きができ、その後口元も汚れず小腹ももち、ほっかりあたたかい、一度食べれば忘れられないあまぁ~い思い出になる逸品である。季節場所を選ばずここ京都市内でも様々なお祭りがあり夜店が出るが、ベビーカステラはこの前田のものが最良である。
ところでとなりの「おこた」。これって京都だけのものなの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都十日ゑびす大祭の吉兆(飾り)

040110.jpg
行ってきました。この季節、きものを着て四条通りも大和通り・縄手界隈を歩くのも味わいがある。日も暮れてからそぞろ歩くのがまたよろしい。四条通りからゑびす神社まで夜店を眺めながらの数百メートルは細切れの時間に追われる日常をすっかり忘れさせてくれた。境内の人ごみに流され、本殿に祭られた大まぐろ(!)を見ながら商売繁盛をお願いして、巫女さんのご祈祷を受けた笹に好みのお飾り(吉兆)を付けてもらった(打ち出の小槌と宝船、えべっさんの裏を返せば大黒さんになる顔だけのお人形を選んだ)。地方ごとに飾りも違うのだろうが、皆さんのところではいかがだろうか。出かける元気はないけれど知りたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/01/10

京都えべっさん:十日ゑびす大会

今日は一月十日、♪~商売繁盛ささもってこい~の十日ゑびすだ。今年は景気づけに出かけてこようと思っている。思えば十五年ぶりだなぁ。『京都のゑびす神社』仕事のあとに出るため、夕刻の人ごみを覚悟するとして、このゑびす神社公式HPには境内のライブ映像があるらしいがBB(ブロードバンド)ではないので見ることができず、残念。後ほど白生地やサイトに景気づけの写真を飾りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/01/09

店のHPをリニューアル。。。

一般にきものが非日常的な衣料になってからというもの白生地やが扱う小巾もの、いわゆる反物はかなり減っただろうと思う。と同時に店を訪れるお客さまも、きものを誂える一般の人から、広巾のいわゆる風呂敷や袱紗などを扱う業者の人や、染色やら和刺繍の作家さんといった限られた人に変わってきたらしい。そういった背景の中、大正生まれの父などは個人商店が経理業務などでPCを導入することのメリットや、ましてやHPを立ち上げることへの理解はなかなか示さない様子。また、時代も変わっており、子育てを始めとする主婦業に力を入れる今の私の姿はかつて母が自営業の名のもとに父の右腕となりながら仕事に奮闘していたそれとは全く違いすぎるのだろう。
子供の年齢の関係で昨年よりようやく店の手伝いをするようになり、同じ頃一月末に立ち上げた店のHPはそのような中で私の仕事ぶりと同じく試行錯誤を繰り返して運営してきた。立上げ当初より五年後の姿を夢見ての、今もまだまだ準備期間中である。なにはともあれリニューアルオープンの目処が立ったので、やっと少し一息いれられそうである。ブロガーの皆さんには見せられるような代物ではないので失礼するが、ちょっと気分が良い。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/01/08

ココログリンク

今日はあそびをせんとやうまれけむ氏のブログサイトを拝見していろんなツールを実際に使わせていただいた。ツールを使ってみる段階までこぎついた。最初はいろんな人に勝手にリンクを張ることに遠慮が先に立ったが、気になるサイトを効率よくチェックするためにもどんどん張っていこうと思う。いいよねぇ?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/01/07

「日本語であそぼ」面白いですよ。

白生地や、ハハの立場から。
日本語であそぼ、NHKでやってるでしょ。面白いですよ。子供なんて幼児でも年齢に関係なくじゅげむでも十二支でも覚えてしまってます。暗誦ってある種(分野)の文学を通して文化へのより深い理解を促すものなんだなぁ、なんて、ちょっと記事を見かけましたのでトラックバックです。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

新学期>こどもたち

明日から学校が始まる(地域の小学校は今日)。お弁当を作るからまた朝五時半起きの毎日。
六時半頃、店と自宅前の門掃きから私の一日が始まる。早朝の空気は澄んでいて気持ちもいいのだけれどそれを味わっているゆとりがないのがとても残念。うちの西斜め向かいが牛乳やさん。牛乳配達で恐らく私より朝は早いのだろう。お向かいの二条駿河屋さんのご主人も店を開けに来られる。ご近所で最初に朝のごあいさつをするのがこのお二方。たまに東斜め向かいのUさんの奥さんが出てこられてごあいさつを交わす。うちの一軒挟んだ東向こうの山田伊織さんの若奥さんも朝の一仕事を終えてからだろうが、少し後でお目に掛かることがある。衣棚通りを下がった(南に入る)モダンタイムスの奥さんも七時前に通られる。八時頃になると人通りが多くなりそれ以降は車が多くなってくる。新町の二条通り、平日の朝はこんな感じで流れていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/01/06

七草かゆ

明日は正月七日。朝は七草かゆを食べる。
春の七草は周知のとおり、「せり・なずな・すずな・すずしろ・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ」。今では生協でも七草パックとして売ってあり、とても便利である。殆どが雑草ではこべらなんて飼っていた文鳥に食べさせるために庭から採ってきたり、ほとけのざも子供の頃「ほとけさん、こんな小さなところに座れはるんかぁ」なんてかなり感心したことがあり、その新鮮な感覚は今でも憶えている(へぇ10回)。ま、そんな身近だった草も今では見かけることもなく、雑草を見かけたとしても、それらはなかなか見つからない。だからこのパックを毎年買っている。
今日六日の夜に洗った七草を茹でてあく抜きをする。その茹で汁が熱いうちに家族が順番に手の爪を浸けていく。昨年の大晦日に爪を切った後お正月の間、この汁に浸けるまでは爪は切れないことになっている。
そして茹でた七草は歌いながら包丁でまないたをトントン叩き、微塵切りにする。「♪~ななぐさなずな、にほんのとりと、とんどのとりが、わたらぬうちに(七草なずな日本の鳥と唐土の鳥が渡らぬうちに)~♪」そしてお米をといで炊飯器をおかゆにセットし準備OK。このとき残ったお餅を入れる場合もある。が、今夜は入れない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Dreamweaver参考本

『岩魚の心』氏ご推薦のこの単行本。いちどチェックしてみたい。実は白生地や、店のHPを運営して二年目に入ろうとするが、趣味サイトならある種の自己満足で運営できれば結構だが将来のことも考えて技術面で強化したければやはりこういうアプリケーションが私達素人にも使っていけるのであれば嬉しいと考えて、昨年末思い切って STUDIO MX を購入した。分かりやすい本であればありがたいのだがDreamweaverとFireworksが連携されている点が魅力。仕事が終われば見てきます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/01/05

白生地やのあいさつ回り

今年はお正月の四日が日曜日だったので恒例の商売取り引き先へのあいさつ回りが仕事始めの今日、五日になった。西は西大路今出川、南は烏丸五条までの十数件を主人の運転手としてついて回った。特に室町筋界隈、新町通りは通常より人、車、自転車で活気づき、込み合っていた。いでたちは黒スーツに白いネクタイ、扇子片手に自転車で走りまわる人もいれば黒紋付きの羽織袴姿で歩いている人、また、その姿で自転車を飛ばしてる人も見掛けた。待たせた車に乗り込む人、降りる人、得意先から出てくる人、入っていく人、とにかく往来がはげしかった。あいさつを交わしお酒も入ってみんな多少赤ら顔で、それがまた活気に拍車をかけている様子だった。11時を過ぎる頃にはあの「木のぶ」のふねを片手に四段も重ねて自転車で走ってる板前さん風の姿も見かけた。やっぱりまだまだ京都中京区には糸へん商売が活気をもっていることを感じた。この感覚が自分のものになるまで何年かかるか分からないが今年も着実に経験を重ねていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北野天満宮

040104.jpg

北野天満宮に初詣がてらきもの姿をチェックしに出かけた。が店のお正月飾りの片付けを済ませると夕刻にさしかかってしまったのできものを着た人はおらず、残念。思えばここ、北野天満宮には自分や子供の合格祈願に幾度となく足を運んできたけれども、まだまだこれからうれしい春を祈願するためにここに来ることになるのだろうなぁ。ここ数日の暖かさに紅梅も開き始め、守りの牛さんも心なしか和んだ表情に見えた。二体ある牛も黒光りする方が写真では分かりやすいと思う。京都もいよいよ受験の幕が上がろうとしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『意見交換できる』って相手がいる証拠。

甲斐さんのご意見を拝見しました。
今回私は下調べもなく自分の利用実績もないままにココログランキングに登録してしまい、その直後にあそびをせんとやうまれけむ氏のココログランキングに対する疑問点の記事を拝見したのです。自分の軽はずみを反省しつつ氏の質問メールなど、公開された情報や皆さんのご意見などを元に判断し、今に至っています。甲斐さんの疑問も不安も良識のあるものだと思います。むしろ私の方がうっかり登録したものの先を読む術をココログの人たちに任せてしまったことは、始めたばかりのblog自体に大きな不安があり、情けない恥ずべきことです。
甲斐さんはじめ個々に様々なご意見ももたれていることもよく分かります。私はココログランキングにうっかり登録してしまった立場でしばらくココログしてみようと思っています。
甲斐さん、今回のトラックバックをありがとうございました。またいろいろと教えて頂ければ幸いです。
明日からまた、お仕事がはじまりますね。お互いに頑張りましょう!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/01/04

nifty blogのご発展を願ってます。

期間限定なんですか。雑文ですが
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3520 に、トラックバックです。
ニフティサーブ時代からパソ通を始めて15年以上になるわけですがウェブログのようなものまでできるようになるなんて感慨深いものがあります。ネットを通して様々な広がりを求めてやまないのですが、これからもniftyと共にありたいと願っています。スタッフの皆さんガンバってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログランキング様からのご回答を拝見して

この度のやり取りを拝見いたしました。
私のようにあまり深く考えずについ乗ってしまう危険が実はさまざまなシーンであると思います。危険への認識不足から起こりうる不具合には予測できないこともあるかと思いますが、今回はココログという公の場で物事がひとつ大きく踏み出したように感じました。勉強になりました。ありがとうございました。
余談になりますがココログランキング登録においてバナーが表示されない不具合をメールでお伝えしたところ、すぐにお返事をいただいて無事解決しておりました。登録者が多くなってもこのような素早い対応をできる限りお願いしたいものです。ココログの有意義な使い方と楽しみ方を深めていきたいものです。
稚拙な文章ですみません。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

フォルダ名には「.」は使えない!?

自分のためにメモを残す意味で。。。
私のURLは http://shirokiji.cocolog-nifty.com/miurasei/ である。
画像ファイルを店のHPと連動させる目的で image.files というフォルダにまとめて保管管理しようとココログでも同じ名前で送ったつもりだが実際は imagefiles なんて名前がついてしまっていた。。。
やはりスペルミスと同様、タイプミスだったのだろうか。それともファイル名に 「.」 は使えないのだろうか。
とにかく今後イメージをアップロードするときは名前を間違わない様に注意すべし(>白生地や)!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/01/03

ココログランキング ★25位★(べべ)

椎名まおさん、phoohotosamaさん、スペルミスのご指摘をありがとうございました。
phoohotosamaさん、ココログランキングに登録、すでに稼動していらっしゃるのですね。「ずっと最下位」っていうのもげじげじな気分になるのでリンクをはってみました。べべからのスタートですが。。。皆さんはってらっしゃる?って順番にお伺いしてみよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都のお雑煮

トラックバックをありがとう!
私は生まれも育ちも京都。主人も京都なので京都以外の
ことはほとんどわかりません。
お雑煮はかつをのだしに白味噌したて。
丸餅をそのままいれてやわらかくなるまで煮ます。
そしてこれ、はつしろ大根(若いちっちゃな大根の薄輪切り)
梅にんじん、それにおかしら(かしら芋)を入れます。
その他には鶏肉などを入れたりするときもありますよ!
「はなかつを」をふりかけて食べる人もいます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ココログランキングについて

他には登録された方はいかがでしょうか。ちなみに私は18番目です。ネット上では様々なランキングサービスが稼動していると思いますがそれらが生まれた経緯などは知る由もありませんでした。今後のこと、特にココログランキングを主催されている方にとれば、良識をもった利用者が増える機会にもなると思いますので是非ご回答をお願いしたいと思います。「あそびをせんとやうまれけむ」さん、ココログランキングに関してもこれからもちょくちょくお邪魔させていただきます。恐らく一番最初に登録された方だと思いますが、そちらの方にもちょくちょく訪問させていただきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログランキング登録しちゃった!!

ここのところココログに関しては新しいことに取りかかってしまうイキオイになってしまって、ついココログランキングに登録してしまった!!このトラックバックだけが頼りなんで、なにか困ったことになれば情報公開をお願いしたいです!!他にこんな私メのようなひとっているのだろうか。。。?

| | コメント (7) | トラックバック (2)

花びら餅

京都ではお雑煮は白味噌であることは周知であろうがそれと共にお正月に欠かせないお菓子が花びら餅である。今年は鶴屋吉信(吉信の吉は本当は土に口の字)のものと拙宅向いの二条駿河屋のものと二種類を楽しんだ。「よろこぶ」の語呂合わせか鶴屋の方には結び昆布が、駿河屋にはすはまで作られた結び昆布が添えられていた。駿河屋の淡い緑いろのすはまは本当にやわらかくて美味しかった。双方とも餅がやわらかくてとても食べやすく、昔初釜で切れない餅に悪戦苦闘をした覚えがあるのでやわらかさ=食べやすさには敏感になってしまう。そうそう、このお菓子の正式な名称 は「菱葩餅(ひしはなびらもち)」なのです。葩(はなびら)って字はソラでは書けません!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/01/01

おけら参り(写真)

040101.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おけら参り

あけましておめでとうございます。今年こそ一日二十四時間を有効に使うべく効率の良いはたらきを実践したいものです。さて、私こと白生地や、大晦日の夜からきものを着て祇園界隈にて過ごしました。やはり白椀竹快楼・ふかひれ姿煮はまったりと心地よく美味しく食することができ至福の時を過ごしたのでありました。帯で締めたお腹でもすんなりと納まったのでありました。また来るからねぇ、とつぶやきつつ店を出ると雨もすっかり止んでおり、きもの姿でのおけら参りも快適なものとなりました。おけらとは写真にあるように八坂さんの境内のたいまつのことでしょうか。その火から荒縄に移し取った火種を使って起こした火で新年のお雑煮などを作って無病息災や厄払いなどを祈願して家族で頂くのです。私はさっそく持ち帰った火種をむりやりガスに移したようにして年越しそばを頂いたのでした。久々のおけら参りはまだまだ早い時間だったけれど、十分楽しかったのです。荒縄は一メートルはあったでしょうか。「おけら」の横で売られているものを購入しましたが七百円でした。火種はとても長持ちしたので使ったあとは火の用心のため、消しました。雰囲気に酔ってしまって本殿にお参りしたときには願い事をするのをすっかり忘れてしまってました。私の2004年の幕開けです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年12月 | トップページ | 2004年2月 »